薬剤師の仕事について

薬剤師と一口に入っても、資格を取得した後は皆が同じ職場につくとは限りません。
勤務する場所によって、仕事内容や仕事する環境などに大きな違いがあります。
では、薬剤師の仕事内容などについて、勤務する場所別に仕事内容をまとめていきたいと思います。
・調剤薬局
薬剤師の資格を取る人の中で一番多いのが調剤薬局勤務の薬剤師でしょうか。
病院などの近くで開業している調剤薬局などで主に医師の処方箋に基づいて調剤を行う仕事です。
患者さんのお薬手帳などを元に、現在服用している薬との飲み合わせなどの確認や、今回処方された薬の正しい飲み方などの指導を行ったり、患者さんから薬を服用した後に起きた副作用などの確認などを行います。
また、必要に応じて医師の出した処方箋をジェネリック医薬品に変更するために医師に確認したりすることもあります。
・病院薬剤師
勤務地は病院内です。
院外処方箋の出せない薬の処方を行ったり、都合などで院外の処方を希望しない患者さんに病院内で調剤を行います。
また、入院患者さんに対しての調剤、服薬指導、服薬の確認などを行います。
調剤薬局勤務と違い、患者が常に身近にいるため、薬の効果を確認したりしながら進めることができるのが魅力です。
専門性の高い病院などでは、専門性の高い薬の知識などを学ぶことができるのできゃりあアップにも役立ちます。
又病院内で使用する薬剤の管理などを行う業務もあります。
・製薬会社や治験
薬剤師を目指した時の知識などを生かして、医薬品の開発に携わったり、治験を行う際の患者の観察や、薬物のデータ管理などを行う仕事をします。